TOP > CATEGORY > スポーツ
Google
BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


上島竜兵が面白い!!!!!!!!!!! 

2007年06月11日 ()
上島お約束?“ショック死”デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000002-dal-fight



 この頃、上島竜兵が面白くて、かわいいのだ。そのなんとも言えないキャラに私は虜である。昔は、あまりすきではなかったが、歳をとってちがう魅力が出てきたような気がする。

6月11日10時33分配信 デイリースポーツ
全日本「武藤祭」(10日・後楽園ホール)、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の上島竜兵(46)が10日、全日本の後楽園大会でプロレスデビューを果たした。上島は渕正信(53)と組み、芸人・神奈月(41)と組んだ武藤敬司(44)とタッグ激突。セコンドを務めた同僚の肥後克広(44)と寺門ジモン(44)が放った“熱湯おでん攻撃”の誤爆をきっかけに玉砕したが、体を張ったリアクション芸で会場の喝采(かっさい)を浴び、次の刺客として肥後投入を予告した。
 竜ちゃんがアツアツおでんで“ショック死”デビューだ。上島が「俺の秘策」と公言していた「熱湯おでん」を誤爆で受けてギブアップ。F(フェイク=偽物)-1タッグ王者・武藤&神奈月組に挑んだデビュー戦は熱く、ほろ苦い結末となったが、メタボリックな体を張った芸人魂で超満員のファンを沸かせた。
 参議院議員レスラーの大仁田厚のコスプレで登場した上島はリングイン前、元祖ばりの毒霧噴射でエンジン全開。神奈月が衆議院議員の元レスラー馳浩のモノマネで「プロレスも政治も中途半端なんだよ」と応戦すると、メンバーの肥後、寺門を呼び寄せてものまねバトルを展開。「くるりんぱっ!」「どうぞどうぞ」など、おなじみのネタで会場を爆笑させた。
 試合では、渕と上島が2人がかりで武藤を取り押さえたが、肥後がつかんだおでんが上島に誤爆し、もん絶。そのまま神奈月に足4の字固めをかけられ、さらに武藤らにおでんの集中攻撃を受けてギブアップした。
 屈辱の敗戦にも、少年時代からプロレス好きだった上島は充実の表情で「次は鶴田さん!お願いします」と、故・ジャンボ鶴田さんのものまねをした肥後をF-1王座次期挑戦者に推薦。武藤も「F-1は飛躍するかもしれない」と、芸人との“化学反応”による企画の成功を実感していた。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 12:17] スポーツTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


好投だったのに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
松坂、ジョンソンに投げ負け悔しい5敗目
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000009-nks_fl-base



 打撃が調子がよかっただけに、2打席連続空振り三振というのは残念な気がするが・・しかし、今回は好投だっただけに負け投手というのは、松坂は悔しいのでは・・

6月11日9時46分配信 日刊スポーツ

<ダイヤモンドバックス5-1レッドソックス>◇10日(日本時間11日)◇チェースフィールド
 レッドソックス松坂大輔投手(26)が43歳のランディ・ジョンソンと投げ合ったが敗れた。6回を投げ4安打に抑え9個の三振を奪ったが2失点。ジョンソンも同じく6回を投げ、4安打1失点、9三振を奪った。ほぼ互角の内容だったが、先頭打者に簡単に出塁を許す松坂に勝利の女神は微笑まなかった。
 また松坂は初めて打席に立ったが、2打席連続空振り三振に終わった。
 これで3連敗。負け投手の内容ではなかったが、5敗目(7勝)を喫した。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 12:13] スポーツTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


野村監督のように・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
古田今季限り引退、監督に専念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000043-nks-base



 野村監督のようにはいかなかったが、賢明な判断だろう。最下位に低迷するチーム事情もあり、監督業に専念したいのだは、もう選手姿を見れないのは淋しい気もするが・・・

6月11日10時2分配信 日刊スポーツ
ヤクルト古田敦也兼任監督(41)が10日、自ら出場選手登録を抹消し、事実上の選手引退を決断した。兼任監督2年目で初めての抹消で、今季は持病の右肩痛もあって、出場はわずか2試合にとどまっていた。最下位に低迷するチーム事情もあり、若手育成などチームを底上げする必要性に迫られての判断で、今後は監督に専念する。再昇格の可能性も残すものの、今季限りで選手生活にピリオドを打つ。
 重い決断だった。古田兼任監督が「オレ」を抹消した。5年目の大原内野手を昇格させた代わりに、監督就任以来、初めて自らの降格措置をとった。「オレが外れました。一番、試合に出ていないから。内野手を1人上げたかった」。表情だけはいつもと変わらぬ笑顔で、抹消した理由を淡々と説明した。
 昨年痛めた右肩は万全ではない。この日、状態を問われると「細かいことは置いておいて」と多くを語らなかった。今季の出場は、開幕戦と通算2000試合を決めた4月19日横浜戦で先発マスクをかぶっただけで5打数無安打。横浜戦では暴言により退場処分を受けたが、暴投、捕逸など、らしからぬミスも目立った。試合から離れているブランクを感じさせて以来、指揮に専念していた。
 投手陣が崩れるケースが多く、最下位に低迷するチーム状況から、コーチ陣や球団フロントからも再三にわたって出場の打診を受けた。だが捕手どころか、昨年話題を集めた「代打・オレ」で出場することも1度もなかった。そして9日、松山で日本ハムの15連勝を阻止した試合後のコーチ会議で抹消の考えを初めて明かした。
 1軍の出場選手登録枠は28人。出場しない自らを抹消しようと思えば、いつでもできた。チーム事情が、ついに背中を押した。9日に主将の宮本が古傷の左ふくらはぎを痛めた。数試合を欠場する見込みで、当面の内野手が不足。捕手は福川、米野、小野と4人もいる。何かあった時の場合に置いておくにしても、人数は足りている。自らを犠牲にし、若手にチャンスを与える選択をした。
 抹消から10日以降にできる再登録については「可能性はある。練習には入れてもらいます」と話した。最下位のチームにあって、体調も万全でない状態で、今後選手として出場するかどうかといえば疑問符がつく。岩村の抜けた穴は思うようにうまらず、「ポスト古田」を筆頭に若手育成など多くの課題もある。
 球界を代表する名捕手も、8月で42歳。肉体の衰えについては「年々どころか日に日に感じてます」と漏らしていた。関係者の話を総合すると、選手としては今季限りという決意を固めているという。この強い意志が根底にあり、選手としての古田を、現場監督が必要ないと判断した。自らへの戦力外通告は、苦渋の決断だった。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 12:09] スポーツTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


クロマティ、見てみたい!!!!!!!!! 

2007年06月11日 ()
クロマティがリングに初登場、狂虎・シンと一触即発!=ハッスル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000019-spnavi-fight


 クロマティが活躍していた頃は、まだ小さくて名前しか覚えていなかったたが、こんなに楽しい人だったとは・・先日の会見を見たが、釘付けになるほど個性的だ。

6月10日20時23分配信 スポーツナビ

「ハッスル・エイド2007」(17日 さいたまスーパーアリーナ)でプロレスデビューする元巨人のウォーレン・クロマティが、10日に行われた「ハッスル23」(青森県営スケート場)でリングに初登場した。

 巨人時代の応援歌に乗り、バットを持って入場したクロマティは「コンバンワ。クロマティサンデス。ミナサンゲンキ? プロレスデビュー、ダイジョウブデショウ」と満面の笑みであいさつ。青森のファンの大歓声のお返しにサインボールを打ち込んだ。

 ここでデビュー戦での対戦が噂される“インドの狂虎”タイガー・ジェット・シンが突然乱入。サーベルを振りかざすシンに、クロマティは一歩も引かずバットで応戦。晴れの舞台を汚され激怒したクロマティは「カモーン、タイガー、バカヤロー!」と挑発。一触即発の雰囲気の中、「ハッスル・エイド」での対戦は決定的となった。

 最後はお客さんと一緒に巨人時代にお馴染みとなった「バンザイ三唱」。「ゼッタイカツネ」とデビュー戦での勝利を誓った。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 01:02] スポーツTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

ドラマ24【エリートヤンキー三郎】ポロリ動画 by ドラマ24【エリートヤンキー三郎】ポロリ動画
ドラマ24【エリートヤンキー三郎】ポロリ動画




テレビ東京系のドラマ24で新番組『エリートヤンキー三郎』の放送が4月13日からスタートした。レディース役で出演した、南つかさ、糸矢めい、西野翔の3人はポロリ要員として出演。テレ東のドラマ24には無くてはならないエロシーンを演じる。



大河内三郎・・・石黒英雄
浅井春菜・・・倉科カナ
河合星矢・・・板倉俊之(インパルス)

レディース・・・南つかさ、糸矢めい、西野翔



南つかさ【サンプル動画はコチラから】
http://saraie610.seesaa.net/


糸矢めい【サンプル動画はコチラから】
http://saraie610.seesaa.net/


西野翔【サンプル動画はコチラから】
http://saraie610.seesaa.net/

コメントを閉じる▲

グッドウィルドームの心配をしていたら・・・・・・・・・ 

2007年06月10日 ()
西武、28年ぶり9連敗=プロ野球・横浜-西武
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000046-jij-spo



グッドウィルドームはどうなるのかなんて思っていたら、西武も大変なことになっていた。西武といえば、強いイメージが定着しているように思うが、9連敗で最下位なようだ。

6月10日18時1分配信 時事通信

 横浜が2連勝。1点を追う2回に金城、吉村の連続適時打などで4点を奪い逆転。5回にも1安打で3点を加えた。土肥は粘りの投球で6勝目。西武は8回に江藤の適時三塁打などで反撃したが及ばず、28年ぶりの9連敗で最下位転落。 

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.10(Sun) 23:48] スポーツTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


BACK | TOP | NEXT

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。