TOP > 当然の結果だろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google
 ← 眞鍋の方が入れ込む??????????? | TOP | このような人物に税金が・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


当然の結果だろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
2006年度ネット広告、IT と製造業で全体の過半数を占めた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000022-inet-inet


 ネット広告が、ITと製造業とが過半数を占めるのは納得できる。ITというのはもちろんだが、製造業というのも消費者に直接働きかけるネット広告というのは有効な方法だろう。

6月11日16時38分配信 japan.internet.com


インターネット利用状況調査会社のビデオリサーチインタラクティブは2007年6月11日、2006年4月~2007年3月の、2006年度インターネット広告出稿の動向をまとめ、発表した。

同社のインターネット広告 DB サービス「Web Ads Report Advance」をもとにまとめたもの。2006年度に DB 化したバナー広告の総数は、広告主数が計2,436社、銘柄数が計4,932銘柄、素材数が計33,539件。

調査によると、2006年度に出稿されたバナー広告の推定インプレッション総数は、約369億インプレッション。上半期・下半期とも推定インプレッション総数は180億台で、大きな変動はなかった。

2006年度の業種別(大分類)シェアは、「IT 業種」が34.3%、「製造業」が20.2%で、両業種で全体の過半数を占めた。

また、2006年度シェア5%以上の業種別(中分類含む)で下半期の出稿量増減をみると、対上半期比120%以上の業種は、「輸送機器・自動車」「コンピュータ・OA 機器」「その他のサービス計」、対上半期比80%未満の業種は「水産・食品・飲料」「金融・保険業」となった。

商品種類別の2006年度出稿量では、「人材派遣・人材斡旋会社」が約28億インプレッションで最も多く、「オークション」「航空」「普通自動車」「コンピュータ機器」がそれに続く。

業種別(大分類)は、「IT 業種」「製造業」のほか、「農業・林業・鉱業」「住宅・不動産」「金融・保険業」「石油・電気・ガス業」「運輸・倉庫」「メディア」「商社」「卸売・百貨店・スーパー・コンビに・キヨスク」「専門店(小売)計」「フードサービス」「その他サービス計」「その他」がある
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 23:43] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 眞鍋の方が入れ込む??????????? | TOP | このような人物に税金が・・・・・・・・・・・・・・・・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/859-ba7dfdbe
 ← 眞鍋の方が入れ込む??????????? | TOP | このような人物に税金が・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。