TOP > 子供にはお金がかかります・・・・・・・・・・・・・・・・
Google
 ← 人間が関係ない理由ではない・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 情が深い負け組????????????

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


子供にはお金がかかります・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
サラリーマンのお小遣い、世代別に明暗――リッチな20代、厳しい30代
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000011-zdn_b-sci



やはりお小遣いの推移を見ていると、子供ってお金がかかるのだというのがよく解る。いつも思う教育費さえなければ、そんなに家計が苦しくないのに・・授業料に塾代が半端な金額ではないのだ。

6月11日9時47分配信 ITmedia Biz.ID

 毎月の小遣いは、20代が5万6100円、30代が4万5500円、40代が4万2100円、50代が5万1300円――。GEコンシューマー・ファイナンス(GE Money)は6月7日、2007年版「サラリーマンの小遣い調査」の結果を発表した。4月28日から4月29日の2日間、会社に勤めている20~50歳代の男性500人を対象にインターネット上で調査を行った。

 サラリーマンの小遣い調査は、1979年からGE Moneyが継続的に行っている。2007年の調査によると、小遣いの使い道は主に「昼食代」(55.6%)。次いで「趣味の費用」(35.8%)、「飲み代」(29.6%)、「嗜好品代」(27.6%)、「雑誌・書籍代」(25.8%)と続く。GE Moneyでは小遣いを特に定義していないが、小遣いとは、自分の裁量で使い道を決められるもの――といえそうだ。

 2007年の調査では、平均小遣い額が4万8800円だった。2006年調査と比較すると3300円の“昇給”だ。2005年の4万600円、2006年の4万5400円に続き、3年連続で上昇している。なお、バブル期以降の最低額は2004年の3万8300円。一方、これまでの最高額は1990年の7万6000円。景気と同様に小遣いも“回復”しつつあるが、バブル期と比較すると3万円近い差があるようだ。

 世代別では20歳代が5万6100円と平均額を大きく上回った。2006年比で8900円も増加したという。給料が昇給した人の割合が60%と、ほかの世代に比べて高かったことや、住宅ローンや子供の教育費などの負担が少ないことが小遣いの大幅増につながったという。20歳代に次いで5万円の大台を超えたのは5万1300円の50歳代。バブル期を過ごしためか、「潤沢な貯蓄がある」という。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 16:03] 国内Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 人間が関係ない理由ではない・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 情が深い負け組????????????

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/842-43ffe6f9
 ← 人間が関係ない理由ではない・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 情が深い負け組????????????

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。