TOP > その場しのぎでは済ませれません・・・・・・・・・・
Google
 ← 桑田から学ぶこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 伊調千春が出場可能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


その場しのぎでは済ませれません・・・・・・・・・・ 

2007年06月09日 ()
<年金支給漏れ>政府、矢継ぎ早に対策 逆に混乱ぶり露呈
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070609-00000069-mai-pol


 年金の問題は、その場しのぎでは済まさない問題だ。選挙の材料に使うような問題ではない。菅直人民主党代表代行を攻撃するビラを作ったのも呆れた。

6月9日19時14分配信 毎日新聞

 夏の参院選を控え、年金支給漏れ問題への国民の不信におびえる政府・与党は、宙に浮く納付記録5000万件の全件調査など対策を矢継ぎ早に打ち出した。しかし、急ごしらえとあって、逆に混乱ぶりをさらけ出す結果ともなっている。9日夕に主要国首脳会議(サミット)から帰国した安倍晋三首相には難題が待ち受けている。
 政府がドタバタで決めたのは、膨大な手間と予算の確保のメドも立たないまま公表した全件調査だけではない。4時間の審議だけで衆院を通過させた年金時効停止特別措置法案も同様だ。
 政府は「最低950億円の給付が必要」との推計を公表したが、自ら記録の訂正を申し出た人の抽出調査に基づく。自分の記録に関心を持つ人が増えれば、給付額は膨らむことが予想される。それでも厚生労働省は「年金財政への影響は分からない」と言うばかりだ。
 与党は当初、法案提出は次期国会と予定していた。対象基準を詰める必要があったためだが、内閣支持率急落に焦った首相が今国会提出を指示。記録、領収書双方がない人の補償の有無は今月中に弁護士らによる第三者機関を作って審査することになった。
 民主党は法に基づかない機関が「人生を左右する判断」をすることに異議を唱えており、筒井信隆氏は8日の衆院厚労委で「どの程度の証明を求めるのか」と判断基準を問うた。これに対し、柳沢伯夫厚労相は基準の例示さえできなかった。給付申請を却下された記録のない人は2万人。その1割が審査請求をしただけでも、第三者機関の機能は停滞しかねない。
 一方、自民党の中川秀直幹事長は、「民主党が年金支給漏れ問題を持ち出す」と慎重論を唱えた公明党を押し切り、今国会での社会保険庁改革関連法案成立に突き進んだ。職員を非公務員化する法案で「公務員たたき」をアピールし、社保庁労組の支持を受ける民主党をけん制して参院選を乗り切る算段だった。
 ところが、社保庁を選挙に使おうとしたことが裏目に出た。いったん基礎年金番号導入を指揮した当時の厚相、菅直人民主党代表代行を攻撃するビラを作りながら、党内から「泥仕合になる」との批判が出て一転取りやめるなど迷走気味だ。
 首相は出身派閥の自民党町村派会長の町村信孝前外相の要請を受け、近く支給漏れ問題で記者会見し、追加対策を公表することを模索している。ただ、相談・調査体制の強化などにとどまる見通しで、かえって焦りを浮き上がらせる結果にもなりかねない。【吉田啓志】
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.09(Sat) 22:11] 国内Trackback(0) | Comments(4)
↑TOPへ


COMMENT

by とおりすがり
正直、情けなくなってくる。

 やはり、自民党は政権の座から引きづりおろされて、痛い眼を見た方がいいのではないでしょうか。

 そのためにも、この問題をもっと国民は自覚して、次の参議院選挙に臨んで欲しいと思います。

それって by オジジ
民主がやったって同じか、もっと酷いことになる恐れ多分にあり。過去の野党政権がものがたっている。だいたい、民主を支持する自治労が社会保険庁を牛耳っているのだもの。

by 売国自民党
そうやって、自民を甘やかした結果がこの体たらくだろ。
なにも、永遠に民主党政権にする必要も無い。
結果的に今に至るまで自治労を守って来たのは永年与党自民党だよ。それが天下り問題に代表される国費食い潰し政官業癒着だろうに。盗人猛々しい。
要は時勢によって政権交代させられるような政治的緊張を主権者たる国民がコントロールできるように2大政党制を国民自らが育てる意志を持つことが肝要。

選挙で自民を破滅させろ by -
年金問題ばかりでなく格差問題始め、そもそも今の日本の状況は小泉から始まった。改革、改革又、民間に、民間に、と何か良くなる期待をいだかせ庶民を騙してきた結果だがそれに乗った国民もバカであったと言うことがこれで庶民も良くわかっただろうか?政府の言うことと、政府が本当にしたい事とは別物である事をわからなくては! 最近の安倍の言う事やる事はこれまでの事と一緒! 庶民に甘く誘惑する言葉(美しい国など)で誘い、後から地獄に落とすことを企んでいる。これに乗ったらもう最後であることを認識するべきだ。

コメントを閉じる▲

 ← 桑田から学ぶこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 伊調千春が出場可能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

COMMENT

正直、情けなくなってくる。

 やはり、自民党は政権の座から引きづりおろされて、痛い眼を見た方がいいのではないでしょうか。

 そのためにも、この問題をもっと国民は自覚して、次の参議院選挙に臨んで欲しいと思います。
[ 2007.06.10(Sun) 00:47] URL | とおりすがり #- | EDIT |

民主がやったって同じか、もっと酷いことになる恐れ多分にあり。過去の野党政権がものがたっている。だいたい、民主を支持する自治労が社会保険庁を牛耳っているのだもの。
[ 2007.06.10(Sun) 01:20] URL | オジジ #b92bwxfA | EDIT |

そうやって、自民を甘やかした結果がこの体たらくだろ。
なにも、永遠に民主党政権にする必要も無い。
結果的に今に至るまで自治労を守って来たのは永年与党自民党だよ。それが天下り問題に代表される国費食い潰し政官業癒着だろうに。盗人猛々しい。
要は時勢によって政権交代させられるような政治的緊張を主権者たる国民がコントロールできるように2大政党制を国民自らが育てる意志を持つことが肝要。
[ 2007.06.10(Sun) 08:46] URL | 売国自民党 #4ifQ3KdE | EDIT |

年金問題ばかりでなく格差問題始め、そもそも今の日本の状況は小泉から始まった。改革、改革又、民間に、民間に、と何か良くなる期待をいだかせ庶民を騙してきた結果だがそれに乗った国民もバカであったと言うことがこれで庶民も良くわかっただろうか?政府の言うことと、政府が本当にしたい事とは別物である事をわからなくては! 最近の安倍の言う事やる事はこれまでの事と一緒! 庶民に甘く誘惑する言葉(美しい国など)で誘い、後から地獄に落とすことを企んでいる。これに乗ったらもう最後であることを認識するべきだ。
[ 2007.06.10(Sun) 10:41] URL | #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/808-66fd93f7
 ← 桑田から学ぶこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 伊調千春が出場可能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。