TOP > 感動した!!!!!!!!!!!!!!!
Google
 ← 事件、事故の両面?? | TOP | ベッカムの意地・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


感動した!!!!!!!!!!!!!!! 

2007年06月09日 ()
岡田監督退場で燃えた虎押し出しサヨナラ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070609-00000053-nks-base



 昨日の試合は感動した。岡田監督は男である。それに答えての逆転勝ち。チームの想いが一つになった感じだ。私は、寡黙ながら、男らしい岡田監督が星野監督より大好きだ。


6月9日10時2分配信 日刊スポーツ
<阪神2-1オリックス>◇8日◇甲子園
 大粒の雨の中、阪神鳥谷が背中に死球を受ける。ドスン! 痛ッ! サヨナラだ! 9回裏1死満塁。藤本がオリックス加藤大から押し出しの同点四球を選び、押せ押せムード。鳥谷が“体”で決勝点を奪った。「一塁まで行ってくれるか」。谷球審の声に促され、背中をさすりながら一塁へ。そこでナインから手荒い祝福を受けた。
 鳥谷は「1番おいしい場面だったので、とりあえずサヨナラだという気持ちでした。こんな経験? 四球はあるかと思ったけど、(押し出し死球は)ないでしょ、普通…」。今季3度目となるサヨナラ勝ちのヒーローはお立ち台で「ここに立つのはちょっと恥ずかしいです。その前にミスもしてたので…」。指揮官不在の幕切れ。その“原因”を作ったのも鳥谷だった。
 1点を追う8回。無死一塁で送りバントを試みたが、一塁方向の小飛球となった。次の瞬間、鳥谷は捕手日高と接触。谷球審は「守備妨害」の判定を下し、岡田監督が鬼の形相でベンチを飛び出した。
 身ぶり手ぶりで猛抗議。中断時間が16分になろうとした時だった。「なんでわからんのや!」。谷球審の荒らげた声に岡田監督がキレた。思わず両手で谷球審の体を突き、暴力行為で退場処分となった。
 劇勝の喜びもそっちのけで、試合後の岡田監督は怒りをぶちまけた。これが現役、監督生活を通じて初となる退場処分だった。だが「監督があれだけ必死に抗議してくれたので。絶対に落とせない試合だと思った」。鳥谷がナインの気持ちを代弁。阪神は3位タイに浮上した。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.09(Sat) 13:45] スポーツTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 事件、事故の両面?? | TOP | ベッカムの意地・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/786-4b03930d
 ← 事件、事故の両面?? | TOP | ベッカムの意地・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。