TOP > なかなか私財を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google
 ← 別に脱退しなくても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 犬が飼いたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


なかなか私財を・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月03日 ()
30年来の夢、バリ島に柔道場オープン=日本の元警察官が自費建設-インドネシア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000108-jij-int



 このような話を聞くと嬉しくなる。私財をなげうってということだが、築いたものは大きいだろう。しかしなかなか私財を投入することなんてできるものではない。尊敬する。

6月2日20時0分配信 時事通信


 【ギャニャール(インドネシア・バリ島)2日時事】「柔道を通してインドネシアの貧しい子どもたちを救いたい。30年温めてきた夢がスタートした」-。日本人の元警察官が退職後、私財をなげうってバリ島に柔道場を建設。2日夕、現地で両国から多数の関係者を招いて「道場開き」が行われた。
 この元警察官は、警察大学校や警視庁などで柔道師範を務め、国際協力機構(JICA)の警察改革プログラムでインドネシアに駐在していた仙石常雄(62)さん。福島県出身の仙石さんは1963年に警視庁に入庁。柔道の大会で活躍する一方、後輩たちには「柔の精神」を説いてきた。
 77年には海外指導の希望がかない、初めてインドネシアに派遣された。それ以来、世界約40カ国を回り、様々な国の若者たちと触れ合ってきた。特に最初のインドネシアへの思い入れは強く、「勉強したくても、スポーツをしたくても、できない子どもたちがたくさんいた。その子たちが夢を与えてくれた」と振り返る。
 道場の建設に当たっては「周りの人たちがいろいろ助けてくれた」という。日本からの畳が届いたのはオープン前日になるなど、苦労の連続だった。それを乗り越えようやくオープンにこぎつけた仙石さんは、「物の豊かさではなく、心の豊かさが大事。柔道で日本とインドネシアの役に立つ子どもたちを育成したい」と意気盛んだ。 
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.03(Sun) 01:22] 海外Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 別に脱退しなくても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 犬が飼いたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/658-8a5ec086
 ← 別に脱退しなくても・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 犬が飼いたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。