TOP > ドラえもんはみんな好き・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Google
 ← 飛行機は止めないで・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 親しみのある会社なのに・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


ドラえもんはみんな好き・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年05月30日 ()
勝手に「ドラえもん最終話」…同人誌出版男が謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000004-ykf-ent



 ドラえもんは、誰もが愛するキャラである。「ドラえもん」の「最終話」と言われれば、読んでみたくなるのだろうが、ドラえもんを愛するならしてはいけないことだ。


5月30日17時0分配信 夕刊フジ


 「ドラえもん」の「最終話」としてネットなどで広まっていた偽ストーリーを勝手に同人誌として漫画化し、販売していた男性漫画家が、発行元の小学館と藤子プロの警告を受けて謝罪し、売上金の一部を同プロに支払っていたことが分かった。皮肉なことに、同人誌は警告後に回収されたことでネットのオークションなどでは価格が高騰している。

 偽の最終話は、電池切れで動かなくなったドラえもんを復活させようと、のび太が猛勉強してロボット工学の研究者となり、35年後に蘇えらせるというストーリー。熱心なファンが考えたとされる話が、10年以上前からネットや口コミで広まっていた。

 成年コミックなどの著作がある男性漫画家は、このストーリーを基にしてA5版20ページの同人誌を「田嶋・T・安恵」の著者名で制作。05年からネットや秋葉原の同人誌専門書店などで1冊500円程度で販売し、昨年末までに約1万3000冊を売っていた。

 また、この同人誌はネット上に転載されて話題にもなっていた。このため、小学館と同プロは昨年に「重大な著作権侵害」と警告し、回収と裁断を要請。指摘を認めた漫画家が「2度と同様な行為をしない」などとする誓約書を提出し、売り上げの一部を同プロに支払った。

 一方、回収作業が始まったことで、すでに販売された同人誌の価格が高騰。ネットのオークションで数万円で取引されている。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.30(Wed) 17:36] 芸能Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 飛行機は止めないで・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 親しみのある会社なのに・・・・・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/572-48cd3681
 ← 飛行機は止めないで・・・・・・・・・・・・・・・・・・ | TOP | 親しみのある会社なのに・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。