TOP > 少年にとって家族とは何だったのだろう??
Google
 ← 未然に防げなかったものか・・・・・・・・ | TOP | 集団で生活するパリスを見てみたい・・・・・・・・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


少年にとって家族とは何だったのだろう?? 

2007年05月19日 ()
<福島母親殺害>少年「もっとバラバラにするつもりだった」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070519-00000018-mai-soci&kz=soci


 弟でもよかったという少年にとって家族とは、何だったのだろうか?
母親のことをもっとバラバラにしたかったようだ。そして、母を殺害してから頭部を持ってカラオケに行き、どう考えても理解できない。


5月19日3時4分配信 毎日新聞


 福島県会津若松市の高校3年の少年(17)が母親(47)を殺害した事件で、少年がネットカフェに立ち寄って県警会津若松署に自首する前に「カラオケ店に行った」と供述していることが分かった。また、母親の遺体について、「もっとバラバラにするつもりだったが、ノコギリで切断する音が大きく、(同居の)弟に気づかれると思ってやめた」と話していることも判明。県警は少年が供述した殺害後の行動の裏付けを取るとともに、動機の解明を進める。
 調べでは、少年は15日未明に母親をアパートで殺害後、頭部と右腕を切断し、会員制ネットカフェで約2時間、ラップグループのDVDを見た後で早朝に自首した。県警が当日の行動について少年にさらに聞いたところ、「ネットカフェに立ち寄る前にカラオケ店に行った」と話したという。カラオケ店から直接ネットカフェに行ったかは不明で、ネットカフェと同様に頭部を入れたバッグを持参していたかは今後、調べる。
 また、遺体を切断した時の状況について、「ノコギリの音が(思ったより)大きかった」と話している。「もっとバラバラにするつもりだった」などとも話しているが、親元を離れ、同市内の別の高校に通う弟と2人でアパートで暮らしていることから、「弟に気づかれると思ってやめた」と説明。さらに、「(殺害するのは)弟でも良かったが、たまたま母親が泊まりに来た」とも話しているという。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.19(Sat) 18:19] 国内Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 未然に防げなかったものか・・・・・・・・ | TOP | 集団で生活するパリスを見てみたい・・・・・・・・・・

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/438-a6035122
 ← 未然に防げなかったものか・・・・・・・・ | TOP | 集団で生活するパリスを見てみたい・・・・・・・・・・

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。