TOP > なぜ水深が浅い萩近海で発見されるのか???
Google
 ← 食べないで!!!!! | TOP | 赤ちゃんポストの問題

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


なぜ水深が浅い萩近海で発見されるのか??? 

2007年04月17日 ()
深海にすむサメハダホウズキイカ 県内4例目の発見 萩市三見沖 定置網にかかる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070417-00000012-nnp-l35


 本当は泳いでいるところを、見てみたい。深海のイカでホオズキのように膨らんでいるらしい。しかし、水深が浅い萩近海で何故発見されるのか?環境破壊が原因でなければいいが・・・


4月17日10時7分配信 西日本新聞


 萩市三見沖で、ホオズキのように膨らんだ珍しい深海イカ「サメハダホウズキイカ」が捕獲された。寄贈を受けた萩博物館(同市堀内)は17日に標本にして、深海の神秘的な生物を多数紹介する夏の企画展で一般公開する。

 博物館によると、県漁協三見支店から13日、「三見沖の定置網に、クラゲのような変わったイカが網にかかった」と同博物館に連絡があった。同館の堀成夫研究員が調べたところ、深海にすむ「サメハダホウズキイカ」と分かった。14日に死んだため、現在は冷凍保存している。

 体長は13センチ、胴体の長さ6センチ、体重20グラム。一般のイカと違って、胴体の表面がさめ肌状にざらざらし、ホオズキのようにぱんぱんに膨らんでいるのが特徴。目の縁に深海で光を放つ「発光器」を備えている。温暖な深海に生息し、県内では4例目の発見という。

 1、2月には、長門市の漁港近くで、深海に暮らすダイオウイカ計2匹が発見されており、堀研究員は「水深が浅い萩近海で、なぜこうした深海生物が相次いで現れるのか、調査研究を続けたい」と話している。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.04.17(Tue) 14:14] 未分類Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 食べないで!!!!! | TOP | 赤ちゃんポストの問題

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/30-5d2f7621
 ← 食べないで!!!!! | TOP | 赤ちゃんポストの問題

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。