TOP > おやじの出番だ???????
Google
 ← エキスポランド、許せない・・・・・・・ | TOP | 自転車が危ない???????

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


おやじの出番だ??????? 

2007年05月10日 ()
「おやじの会」急増 県内の学校 地域活動に父親目覚め? 参加者少なく課題も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000027-nnp-l42


 おやじの力が必要な時が来ているのだと思う。そう言えば、近頃学校でも塾でもお父さんの姿を見かけることが多くなった。母親とは違う力を子供たちに注いで欲しい。


5月10日10時7分配信 西日本新聞


 学校に通う子どもの父親でつくる「おやじの会」が県内で急増している。県教委が2006年10月に実施した調査では、県内のおやじの会は幼稚園、小・中・高校で計133団体あり、78団体だった2年前に比べ1、7倍に増えた。子育てを母親や学校に任せ「父親の姿が見えない」と言われる中、父親が学校や地域活動にかかわるきっかけになると期待を集めるが、メンバーが固定化しがちになるなど、課題も出始めている。

 おやじの会は、PTA活動とは別に父親が集まって活動する任意の団体。女性の社会進出が進む一方、家庭の教育力低下や父親の育児参加の必要性が叫ばれるようになった約10年前から全国的に活動が広がっている。

 県内の自治体では最多の38団体がある長崎市では、学校遊具のペンキ塗りや夏祭りでの出店、地域のパトロールなどおやじの会の活動はさまざま。父親同士のネットワークづくりにも役立っている。市教委は、会同士の連携を深めてもらおうと、38団体が活動例を発表する懇話会を6月に開くほか、初めての「おやじコンサート」を企画している。

 同市ダイヤランドにある南長崎小の父親は昨年11月に「おやじクラブ」を結成し、教諭と親交を深める飲み会を開いたり、今年2月に父子21人が参加して国立諫早青少年自然の家で野外活動やゲームを楽しんだりした。「普段は仕事で地域の子どもたちと顔を合わせる機会がない。子どもの新しい面を発見できた」とクラブ代表の松添康夫さん(41)。ただ、300人を超す児童の父親に呼び掛けたが、参加したのは8人。参加者を広げるのが課題になっている。

 県教委によると、おやじの会は23市町中20市町にあり、小学校の19%、中学校の15%で活動している。しかし、子どもの卒業とともに中心メンバーが抜け活動が休止状態になったところや、同じ顔触れで飲み会を開くだけの会もあると言う。長崎大教育学部の宮崎正明教授は「活動を根付かせるには、行政が会のネットワーク化を支援したり、企業が休日労働や残業を見直したりするなど、おやじの会の父親への周囲の支援が欠かせない」と話している。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.05.10(Thu) 12:42] 国内Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← エキスポランド、許せない・・・・・・・ | TOP | 自転車が危ない???????

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://dailynews4.blog100.fc2.com/tb.php/234-e69b7f17
 ← エキスポランド、許せない・・・・・・・ | TOP | 自転車が危ない???????

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。