TOP > CATEGORY > テクノロジー
Google
TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


当然の結果だろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
2006年度ネット広告、IT と製造業で全体の過半数を占めた
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000022-inet-inet


 ネット広告が、ITと製造業とが過半数を占めるのは納得できる。ITというのはもちろんだが、製造業というのも消費者に直接働きかけるネット広告というのは有効な方法だろう。

6月11日16時38分配信 japan.internet.com


インターネット利用状況調査会社のビデオリサーチインタラクティブは2007年6月11日、2006年4月~2007年3月の、2006年度インターネット広告出稿の動向をまとめ、発表した。

同社のインターネット広告 DB サービス「Web Ads Report Advance」をもとにまとめたもの。2006年度に DB 化したバナー広告の総数は、広告主数が計2,436社、銘柄数が計4,932銘柄、素材数が計33,539件。

調査によると、2006年度に出稿されたバナー広告の推定インプレッション総数は、約369億インプレッション。上半期・下半期とも推定インプレッション総数は180億台で、大きな変動はなかった。

2006年度の業種別(大分類)シェアは、「IT 業種」が34.3%、「製造業」が20.2%で、両業種で全体の過半数を占めた。

また、2006年度シェア5%以上の業種別(中分類含む)で下半期の出稿量増減をみると、対上半期比120%以上の業種は、「輸送機器・自動車」「コンピュータ・OA 機器」「その他のサービス計」、対上半期比80%未満の業種は「水産・食品・飲料」「金融・保険業」となった。

商品種類別の2006年度出稿量では、「人材派遣・人材斡旋会社」が約28億インプレッションで最も多く、「オークション」「航空」「普通自動車」「コンピュータ機器」がそれに続く。

業種別(大分類)は、「IT 業種」「製造業」のほか、「農業・林業・鉱業」「住宅・不動産」「金融・保険業」「石油・電気・ガス業」「運輸・倉庫」「メディア」「商社」「卸売・百貨店・スーパー・コンビに・キヨスク」「専門店(小売)計」「フードサービス」「その他サービス計」「その他」がある
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 23:43] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


どんな風に使おうかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月11日 ()
ニフティ、動画にコメント付けられる「ニフニフ動画」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070611-00000034-zdn_n-sci


 この頃、動画が面白い。すっかり定着した感じだ。「ニフニフ動画」はYouTube動画に自由にコメントができるそうだ。面白そうだ。ブログにも貼り付けれるようだから、使い方が楽しみだ。

6月11日14時19分配信 ITmediaニュース

ニフティは6月11日、YouTube動画に自由にコメントを付けられるサービス「ニフニフ動画」β版を公開した。コメント投稿には@nifty IDか、クレジットカード登録したPLEASY IDが必要。

 YouTubeの動画URLを投稿し、自由なタイミングでコメントを付けて動画の下にスクロール表示させられる。コメントの色や大きさは自由に変えられる。

 動画を投稿したユーザーが「重ね書き」を許可すれば、ほかのユーザーも同じ動画にコメントを付けられる。コメントの数は1動画当たり合計100件まで。

 コメント付き動画はブログに貼り付けることも可能だ。

 今度は同社の動画投稿サービス「@niftyビデオ共有β」にも対応する予定。

 従来の同社サービスの枠からはみ出たCGMサービスを提供する「はみだし@nifty」企画の第1弾で、「『ニコニコ動画』に影響を受けた」(同社広報・IR室)としている。はみだし@niftyは、元ライブドア幹部が設立したベンチャー企業・ゼロスタートコミュニケーションズが企画・開発に協力しており、ユーザーの声を聞きながら今後も新サービスを提供していくという。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.11(Mon) 22:42] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


欲しい!!!!!!!!!!!!!! 

2007年06月10日 ()
「iPhone」人気、発売前に米国では早くも過熱気味
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000626-reu-bus_all


 日本で発売されるとなると、やっぱり欲しくなるだろう。欲しくなるだろうというよりも、欲しいと断言できるが・・アメリカでは、もう相当な過熱のようだ。

6月10日14時8分配信 ロイター

[ロサンゼルス 9日 ロイター] 米アップルの携帯電話「iPhone」が6月29日に米国で発売されるが、一部ではすでに人気過熱の様相を呈している。
 サンフランシスコに住むITコンサルタントのダニエル・エラン・ディルガーさん(33)は、発売開始前にアップルストアの店頭で徹夜する覚悟だという。タッチパネルで操作し、音楽や動画の再生機能のほか、インターネットブラウザーなども搭載している「iPhone」を手に入れるため、友人らも誘って「キャンプ生活する」としている。
 トロントを拠点とする消費者調査団体ソリューションズ・リサーチ・グループが行ったオンライン調査によると、ディルガーさんのように、平均以上の所得を得ている大卒の若い男性が「iPhone」の典型的な支持者だという。
 500─600ドル(約6万─7万3000円)で販売される予定の「iPhone」だが、各種報道によると、ネットオークション大手イーベイでは先に、未発売の「iPhone」に対し、最高830ドル(約10万円)の入札額が付いていた。
 イーベイはこのオークションを8日までに削除。同社のスポークスマンは、「iPhone」の需要が非常に高いと予想されるため、発売前のオークションは今後一切認めないとの方針を明らかにしている。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.10(Sun) 23:26] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


マリオは偉大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

2007年06月08日 ()
米任天堂:Wiiの旧作ゲーム販売、「マリオ」が上位独占 累計470万本を突破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000002-maia-game



 マリオがやっぱり一番親しみのあるゲームだ。Wiiの場合家族で遊ぶ場合も多いのでは・・家族でとなると、家族全員で遊べるマリオだろう。小さい子からおじさんまで人気があるのだ。


6月8日14時3分配信 毎日新聞 まんたんウェブ


 米任天堂は、新型ゲーム機「Wii」で、「ファミリーコンピュータ」などの人気ソフトをダウンロード販売する「バーチャルコンソール」の販売数が世界で470万本を突破したことを明らかにした。 売り上げランキングは、1位が「スーパーマリオブラザーズ」(ファミコン)で、2位が「スーパーマリオ64」(ニンテンドウ64)と「マリオ」関連ソフトが4位までを独占した。

 「バーチャルコンソール」は、ファミコンやPCエンジンなど80~90年代の家庭用ゲーム機用ソフトを500円~1200円でダウンロード販売している。同社によると、Wiiユーザーの約4割がネットに接続し、3月末までにソフトの有料ダウンロード数は330万本に達していた。売り上げランキングでは、3位が「マリオカード64」(ニンテンドウ64)、4位が「スーパーマリオワールド」(スーパーファミコン)と「ゼルダの伝説」(ファミコン)だった。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.08(Fri) 18:33] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


世のお母様方は反対なのでは??????? 

2007年06月07日 ()
次はPSPフォン?--ソニーの特許申請から次期PSPの噂が再燃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000004-cnet-sci&kz=sci



 PSPフォンが出ると大ヒット間違いないだろうが、世のお母様方の一番持たしたくない携帯電話になることも間違いないだろう。しかし、PSPフォン、発売して欲しいなぁ・・・


6月7日12時10分配信 CNET Japan


 2007年3月、PSP in Educationプロジェクトのイベントにおける関係者の発言から、PlayStation Portable(PSP)の新しいデザインが登場するのではないかという噂が浮上した。Sony Computer Entertainment UKのマネージングディレクターであるRay Maguire氏がほのめかしたところによれば、次のPSPはより小さく、軽くなる一方、PSPの最も魅力的な要素であるスクリーンは変わらないという。5月28日の週に更新された米国特許商標局への申請内容が、ソニーがこれをどう扱っていくのかを示すヒントになるかもしれない。

 話題を呼んでいるのは、モバイル通信機能のついたPSPのものではないかと思われるソニーの特許で、ゲーム機能から電話機能へとその場で切り替える方法を詳しく説明するもの。特許に添付されている図によれば、その機能はスクリーンと正面のボタンの部分を90度回転させることで実現される。このシステムはスクリーンの位置を検出するセンサーを備えており、これによって映像出力を決定する。この特許ではスクリーンの第3の位置についても細かく説明しており、この位置ではTVおよび動画機能をコントロールする。なお、この特許申請が初めて提出されたのは2006年11月だった。

 この特許は有望だが、新しいPSPが作られているという具体的な証拠ではない。登録はされるが製造されないデザインも多いからだ。ただし、5月にソニーはイギリスの電気通信サービスプロバイダであるBTと一緒にPSPの無線ブロードバンド通信を実現すると発表している。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.06.07(Thu) 14:27] テクノロジーTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

最近の記事

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。